鳥取の建築・設計事務所 PLUS CASAのWEBサイトへようこそ!

私たちPLUS CASA(プラスカーサ)は、自然豊かな鳥取県智頭町で、「クライアントの暮らしを豊かに」をテーマに設計と施工を行っている建築設計事務所です。

case-C/T-OFFICE

「凄い!」オフィスが智頭にあります。

真っ黒なタイルで囲まれたエントランスに立ち自動ドアが開く。中に入ると淡いクリーム色と間接照明の重厚な階段。見上げるとその先には、対照的な豊かな自然が視野に入ります。クライアントは建設業経営者。「社員やこれから入ってくれる新入社員が、この建築で働けることに喜びを感じられるよう、また慌ただしい日常の中で非日常を楽しめるプライベートスペースも欲しい」と……(詳細を見る

WORKS PICKED UP

HOME BASE

倉庫リノベーション

これは私たちの自邸である。これまでは実家に両親と同居していた。しかしライフスタイルや価値観のまるで違う父が建てたその家は、私たちに……(詳細を見る

case-I/I

くっついた家。

自分たちが本当に美味しいと思うものを届けたい。という理念で丁寧に作られたケーキやパンが人気の洋菓子店を経営されているクライアント……(詳細を見る

鳥取の建築家 PLUS CASA

case-My/T

昼と夜、上と下、今と未来。

4世代でお暮しの施主は「大家族の暮らしは気に入っているが、妻子5人で過ごす時間も持ちたい」と、実家に隣接する畑に新居を希望されました……(詳細を見る

鳥取の建築家 PLUS CASA

case-C/T

間取りよく、動を制す

婚約を交わした二人から、結婚後に暮らす家をと相談を受けました。敷地は智頭町の土地無償譲渡制度を利用し、地元に留まることができ……(詳細を見る

鳥取の建築家 PLUS CASA

case-C/T

大きな箱のような家

この住宅は、周囲に畑が広がるのどかな敷地に建っています。クライアントの要望は、「南北に光と風が通り抜ける、ゲートのような建築」……(詳細を見る

鳥取の建築家 PLUS CASA

case-T/S

これ、家ですか?

敷地は鳥取市内の低層住宅が建ち並ぶ、間口5.5m奥行42mの南北に長い形状。隣地の空地も将来建つ可能性を見据え、この敷地で外部に開く……(詳細を見る

OTHER RECOMMENDATION

LATEST POSTS FROM STAFF BLOG

  • 秋色 更新:2018年 11月 14日 - 景色が秋色になっています。 杉や桧などの針葉樹と雑木の広葉樹で派手な紅葉ではないけれど、今年は去年より鮮やかな気がします。 紅葉してから暖か...
  • WORKS 更新:2018年 11月 5日 - しばらく更新していなかったホームページの「WORKS」を更新しました。 未だ詳細まで掲載出来ていませんが、MAGAZINE PLUS CAS...
  • 空き家を活用するという選択 更新:2018年 9月 27日 - 先週末は、空き家の現地調査に行ってきました。 敷地のすぐ横には綺麗な川が流れていて、家の中に居ても川のせせらぎが聞こえ、川風が気持ちいい豊か...