鳥取の建築・設計事務所 PLUS CASAのWEBサイトへようこそ!

私たちPLUS CASA(プラスカーサ)は、自然豊かな鳥取県智頭町で、「クライアントの暮らしを豊かに」をテーマに設計と施工を行っている建築設計事務所です。

HOME BASE

倉庫リノベーション

田舎に暮らす豊かさを探して 鳥取県東南に位置する山奥の小さな町の、さらに山奥の小さな集落にこの建築は存在する。これは私たちの自邸である。Uターンで帰郷後、父が経営する工務店だったこの建築の片隅で設計事務所をはじめた。住まいは同じ集落内の実家に両親と同居していた。「なぜわざわざ、こんな山奥の不便な場所に暮らすのか?」私たちに明確な理由があったわけではない。日々の暮らしの中でその答えを探していた……(詳細を見る
HOME BASEは見学いただくことができます専用フォームからご希望のお日にち、人数などをお知らせください。

WORKS PICKED UP

新築

case-Y/T

敷地は鳥取市内、9区画の新興分譲地の一画。既に建ち並びつつあった他区画の住宅ヴォリュームから突出してしまうことがないよう、高さや……(詳細を見る

古民家リノベーション

楽之 tanoshi

智頭町の築135年古民家リノベーション。40年近く空き家だった民家が、イタリアンをベースとした自然派料理店「楽之 tanoshi」として……(詳細を見る

新築

case-K/M

敷地のあるこの集落は、白川郷などと同様に谷に対して吹き込む風向きなど先人達の経験を活かした屋根の向きが受け継がれて……(詳細を見る

リノベーション

case-S/N

主役は、マンション暮らしの3匹の猫。リビングの一角にある和室を猫たちの部屋へ、押入れはゲージとトイレ置場になりました。リビング……(詳細を見る

新築

case-I/Y

赤と黒が印象的な建築。交通量が多いと認識していたけれど想像以上に目に留まる敷地で、工事中「あそこに工事現場があるね。」と声を……(詳細を見る

リノベーション

case-M/K

建具職人だったおじいさんの作業場を、ゆっくり本を読むための部屋へと娘さんがリノベーション。豊かな景色と心地いい川のせせらぎ。……(詳細を見る

OTHER RECOMMENDATION

LATEST POSTS FROM STAFF BLOG

  • 新智頭図書館で薪アート 更新:2020年 11月 23日 - 昨日、みんなで考える「私達の新しい図書館」第9回目の住民ワークショップに参加しました。敷地の候補地を巡ることから始まり、最終回の今回は来週オ...
  • 初霜 更新:2020年 11月 5日 - 今朝は寒かったです…。 智頭町の気温は0℃、初霜が降りました。 朝の寒さから一転、昼間はとても気持ちの良い快晴。 窓からの景色も...
  • タルマーリーカフェ 更新:2020年 11月 2日 - 空き家改修工事が進行中です。 以前お伝えした「まちやど構想」の拠点となるこの建築は、野生の菌だけを使ってパンやビールをつくったり、著書『田舎...

OUR TOWN “CHIZU”

PLUS CASAが拠点とする鳥取県智頭町での豊かな暮らしの様子をお伝えします。