ABOUT US – PLUS CASAについて

スタッフ

鳥取県智頭町の建築家 PLUS CASA 小林和生

小林和生 / Kazuo Kobayashi

70年、鳥取県智頭町生まれ。
国立米子工業高等専門学校卒。
高松伸建築設計事務所、FOBAを経て、01年PLUS CASA開設。
鳥取大学工学部非常勤講師

これまで、ただあたりまえに存在していた身の回りの自然の美しさに、新しく建てた家の窓を通じて眺めたそのときに、はじめて気づく。光と風が通り抜けるリビングで過ごす週末の時間の質が、以前に暮らしていた家でのそれとは明らかに違うことにハッとする。自分や自分の家族に大切なものが増え、大切にする気持ちが強くなっていることを知る。

住宅という空間の質を高めることは、生活の質そのものを高めることを意味します。その影響は生活に関連するあらゆること、ときに価値観にまで及びます。

わたしたちPLUS CASA(プラスカーサ)は鳥取県智頭町を拠点として活動する、建築を設計し、建てる会社です。建築=ものを提供します。しかし、わたしたちが提案したいと考える「豊かさ」とは、物質的なものにとどまりません。PLUS CASAの空間で暮らすことで、感性や意識が洗練され、自分の暮らしを取り巻く環境の豊かさに触れ、また、人それぞれに異なるであろう「豊かな暮らし」とは何かを考えながら、生活を楽しんでもらえればと考えています。

鳥取県智頭町の建築家 PLUS CASA 小林利佳

小林利佳 / Rika Kobayashi

73年、京都府京都市生まれ。
京都精華大学美術学部デザイン学科建築専攻卒。
FOBAを経て、PLUS CASAに参加。

「そこにどんな建築空間をつくれば、人は幸せになれるのか?」
建築だけではなく、その町、周辺環境、社会に対してどうあるべきかを考えます。そしてクライアントから要望を聞くことはもちろん、何度も対話を繰り返し、クライアントの言葉や想いから、表面的な事だけではなく深層まで読み取り、そこから得ることのできるアイデアを集約して設計に活かします。

それは、量産された画一化な建築では現すことができません。建築には人を変え、町を変え、社会を変える力があります。地域に根差し、建築を通じて問題解決の手法を提案し、少しでも多くの幸せを共有することがわたしたちの目指す建築家像です。

これまでの作品

これまでの仕事」をご覧ください。

賞暦

  • 2001年第7回WOODONE実施作品コンペ入賞
  • 2009年第3回トステム設計コンテスト奨励賞
  • 第8回JIA中国建築大賞住宅部門大賞「HOME BASE
  • 2010年鳥取県建築士会賞奨励賞
  • 2011年エコ電化住宅作品コンテスト審査員特別賞
  • 第6回木質建築空間デザインコンテスト(リノベーション/コンバージョン部門賞)「HOME BASE
  • 第11回JIA中国建築大賞一般建築部門特別賞「智頭宿 楽之

会社概要

  • 会社名:株式会社PLUS CASA
  • 代表取締役:小林 和生
  • 資格者:一級建築士 2名
  • 設立:昭和49年12月
  • 組織変更:平成20年3月
  • 資本金 :800万円
  • 住所:鳥取県智頭町南方442
  • 電話:0858-75-3670
  • ファックス:0858-75-3685
  • Eメール:infoplus-casa.com
  • ウェブ:https://plus-casa.com/
  • Facebookページ
  • 登録:一級建築士事務所 鳥取県知事 第28-1026号
  • 建設業許可:建設業許可 鳥取県知事(般-2)第4167号
  • 事業内容:建築全般の企画・設計・監理・施工・リノベーション、これに付随するインテリアデザイン・プロダクトデザイン等
  • 取引銀行:鳥取信用金庫/智頭支店、山陰合同銀行/智頭支店、鳥取銀行/智頭支店
  • 加盟団体:(財)住宅保証機構、(社)鳥取建築士会、(社)日本建築家協会、智頭町商工会