HOME BASE

鳥取の建築家PLUS CASA HOME BASE

これは私たちの自邸である。

これまでは実家に両親と同居していた。しかしライフスタイルや価値観のまるで違う父が建てたその家は、私たちにとっていつまで経っても暮らしにくく愛着の持てるものではなかった。また事務所と家が離れていたことも不規則不定休な仕事と家事育児を両立する支障となっていた。さらに、豊かな暮らしを提唱し、人の住空間を考える立場にありながら、このような現状に甘んじていることを常に後ろめたく感じていたことも事実である。数年にわたり考えた末、事務所に併設する資材置き場として使っていた倉庫を、私たちの居住スペースにリノベーションするという結論に至った。

床面積215㎡。最高天井高5m。まずはこのがらんとした空間の温熱環境をいかにして整えるかが課題となる。できる限り身近に集められるエネルギーを活用したいと考え、夏は川の水を利用して屋根の散水冷却を、冬は燃料として山の木を利用する薪ストーブを採用した。予算上、外部は一切触れず内部も1つの箱と2枚の壁を配するだけのシンプルな間取りへと収束していった。

最小限の要素と単純な構成から生まれる大小の余白。そこに機能を与えることで成立した巨大なワンルーム空間。資材に埋もれていた真っ暗な倉庫は、四季折々に変化するパノラマの樹林風景と共に過ごす住空間となって生まれ変わった。そして一年を通し薪づくりに汗をかき、自然と共にある暮らしを実感し、質素でも自分たちのライフスタイルに合った家で子供たちと暮らすことの豊かさを私たちは今、身をもって体現している。

Data

○所在地/智頭町○用途/事務所+作業場+住宅○家族構成/夫婦+子供3人○規模/地上3階建て○設計期間/2013年12月~2015年5月○施工期間/2014年7月~2016年3月○延床面積/259m²(住宅部分)

Detail

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

リビング

玄関を入ると目に飛び込んでくる、元倉庫のボリューム感を活かした大きな一室空間。窓から豊かな自然を望む。

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

リビング

薪ストーブの背面に位置するコンクリートの壁は、蓄熱と柔らかな放熱により暖房効率を高める役割を担う。

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

薪ストーブ

薪ストーブはハースストーン社「EQUINOX」。最大出力は30,240kcal/時。
 

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

クローク・薪置場

死角となる薪ストーブ背面の壁の裏側には薪ストック、クローク、収納棚を配し、リビングのバックヤードとしての機能を持たせた。

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

ダイニング・キッチン

箱の中にはキッチン、パントリー、パウダールーム、バスルームといった水廻りを集約し、上層はロフトとして利用している。

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

リビングをロフトの上から

LVLの壁はクローゼットと床下収納を内包。家族で過ごすパブリックエリアと個室の並ぶプライベートエリアを緩やかに仕切る。

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

LVLウォール

長さ15mに及ぶLVL(ラミネイティッド・ベニア・ランバー)の有機的な木目は、空間全体に方向性を与えてくれた。

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

クローゼット

LVLのウォールの個室側にあるクローゼット。家族5人分の衣類を収納することができる。

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

洗濯乾燥室

キッチンや風呂などを収めた箱の周囲は機能的に回遊できる。陽当たりの良い南側を洗濯乾燥室に割り当てた。

平面図

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

鳥取の建築家PLUS CASA case-My/T

  • B 寝室
  • Ba 浴室・洗面室
  • C1 クローク・薪置場
  • C2 クローゼット
  • E 玄関
  • La 洗濯乾燥室
  • LD リビング・ダイニング
  • Lo ロフト
  • O オフィス
  • Pa パントリー
  • WS 薪ストーブ
  • Vo 吹き抜け

Other

鳥取の建築家 PLUS CASAブログ

この作品に関する悲喜こもごものストーリーはこちらでお読みいただけます。

本作品は、2016年第8回JIA中国建築大賞住宅部門大賞を受賞いたしました。

薪ストーブの導入を検討されている方へ

実際に薪ストーブを導入しているクライアントへのインタビューを実施。メリット・デメリットを語り尽くします。薪ストーブの話はこちら。