ワンストップサービス

「ここが壊れてしまった」「家族構成が変わったから、ちょっと間取りを変えたい」

……でも、どこにお願いしたらいいんだろう?

わたしたちPLUS CASAは、この疑問、悩みを解消するワンストップサービスを提供します。
住宅に関するすべてのものごと — 設計・施工からアフターサービス、メインテナンスまで — は、私たちにお任せください。

家が建つまでのステップ

以下は、これまでに私たちが提案していた「家を建てるための5ステップ」に改良を加えて、家を引き渡すための、ほぼすべての段階を説明したフローチャートです。また、これまでは「プレゼンテーション」「見積もり依頼」「確認申請業務委託」などのステップごとに料金をいただいておりましたが、これを廃止し、すべて無料としました。これまで以上にお気軽に、ご相談いただける体制となりました。

1. ヒアリング

どんな家を建てたいか、その家でどのように暮らしていきたいか、じっくりと聞かせてください。ご家族で大切になさっている事柄や趣味、休日の過ごし方なども、家を建てるうえでの重要な要素になります。自分たちで、暮らす家をつくりあげていくのです。

2. プレゼンテーション

ヒアリング・現地調査・法規チェックなどを基にして、プランおよび全体のボリュームを提案します。複数回にわたる打ち合わせにより、施主であるあなたとあなたのご家族が納得されるまで吟味し、プランに修正を加えていきます。

3. 概算見積もり

仮決定したプランを基に、概算の見積もりを実施、提示します。これは、基礎工事、木工事、左官工事、設備工事などの各工事の専門業者(5-10社)に見積もりを依頼し、集計したものです。家に対しての理想をすべて積み上げていくと、予算をオーバーしてしまうことがあります。この見積もり金額を基にして、最終的な仕様を決断し、工事価格を決定します。

4. プラン決定・本見積もり

概算見積もりにより加えられた変更を反映し、プランを決定します。最終プランの設計図から、正確な工事費費用を計算します。確認後、具体的な設計業務(実施設計)に移行します。

5. 工事請負契約

図面、仕様、工事価格の承認を経て、工事契約に進みます。この契約は、工事に際してのお互いの権利、義務を明確にするものです。家を建てるという大事業を実施する前に、あなたとPLUS CASAの信頼関係を基にして結ばれる契約です。*第1回工事代金支払い(全4回払い)

6. 確認申請業務委託

建物を建てる場合、原則として、建築物の確認を役所から受けなければ着工できません。申請書、計画概要、工事届け、図面、構造計画書からなる関係書類を基にして、役所が建築基準法などの諸法規に適合しているか確認を行います。物件によっては数百ページにおよぶ書類の作成や申請手続きを実施します。

7. 地鎮祭

工事着工に先立ち、敷地の地主神を鎮め、工事の安全を祈願します。

8. 着工

着工の前に、近隣に挨拶をすませておきます。

9. 上棟

構造躯体の組み上げ完了。上棟式を行うこともあります。
*第2回工事代金支払い(全4回払い)

10. 造作

構造が組みあがったら、サッシの取り付け、壁床下地、設備工事へと進みます。

11. 仕上げ工事

この頃に、建物登記を行います。*第3回工事代金支払い(全4回払い)

12. 竣工

この頃に、建物登記を行います。建築確認完了検査、施主確認を行います。

13. 引渡し

取り扱い説明を実施し、鍵を受け渡します。*第4回工事代金支払い(全4回払い)