タルマーリーカフェ

タルマーリーカフェ工事が着々と進行中です。
解体工事や断熱工事など工事の一部をタルマーリーオーナー格さんが、セルフビルドで大工さんさながら作業されています。

先日、断熱材が貼られた室内をふと見上げたら、一際輝いているステンドグラスのような場所がありました!
屋根裏の複雑な天井組みで出た断熱材の端材がもったいないので組み合わせたとの事。フードロスゼロを飲食業界で日々取り組まれている格さんにとっては当たり前なのかもしれません。ただ建築現場では、つい効率の良さを優先し端材などを廃棄物にしてしまう事があります。少しでもロスが無いようにと組み合わせられた端材を見て、サステナブルな未来に向けて建築で考慮する事が色々あるなと、考えさせられました。
「もったいない」ふだん無意識に使っている言葉だけれど、無意識でなくきちんと意識して豊かな暮らしに繋げていきたいです。

『神は細部に宿る』という近代建築の巨匠ミース・ファン・デル・ローエの言葉があります。細部にまで気持ちが込められた建築は、空間の質が確実に良くなると私達は解釈しています。そしてこの建築も、良い空間になると確信しています。


おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です