空き家を活用するという選択

先週末は、空き家の現地調査に行ってきました。

敷地のすぐ横には綺麗な川が流れていて、家の中に居ても川のせせらぎが聞こえ、川風が気持ちいい豊かな環境。

田舎のおじいさんの家を相続したけれど、自分たちは既に市内にマンションを購入済み。だからといって、子供のころ横の川で遊んだ楽しい思い出等がいっぱい詰まったこの家を、そのまま朽ちさせてしまうのは寂しい…。当時と変わらない自然豊かな環境で、わが子にも同じような経験をさせてあげたい。住むことは出来ないけれど、休みの日に子供と一緒に遊んだり、非日常の暮らしを楽しむセカンドハウスにして活用したい!というご相談。

とても前向きな活用に、楽しい設計を提案できれば!と構想中です。

空き家活用については、その他にも…
・自分たちが住む。
・飲食・ゲストハウスとして活用する。(現場進行中
・改修費が高額になるため解体する、若しくは手放す。
などの相談を依頼していただいています。

それぞれが抱える事情や背景があるので空き家活用の答えは異なるけれど、前向きな選択が出来る手助けをしたいと思っています。         

智頭町にも空き家バンクに登録されている空き家、登録されていない空き家が年々増えています。一緒に空き家を見てまわり、物件にあった暮らし方や修繕が必要か否か等、提案しています。空き家活用に興味のある方、声かけてくださいね!!

関連記事:「空き家活用」


あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です