造作家具

「住む人」と「住まいの専門家」をつなぐ、家づくりのためのプラットフォーム「houzz(ハウズ)」
私達も設計した建築を掲載しているのですが、そこで人気があると教えてもらったHOME BASEの洗面所造作家具写真。

造作家具とは既製品で売られている家具とは違い、その部屋のサイズや目的に合わせた造り付けの家具のことです。
この部屋をどう使うか?その時に必要なものは何か?それをどう収納するか?を考えて制作します。

HOME BASE設計の際も、収納するものをピックアップし、それぞれどのように収納するか(タオルのたたみ方、トイレットペーパー等消耗品のストックの仕方や数量等々)を計画し、それらのサイズを計測して設計。
その図面を見ながら、生活していることをシュミレーションし、数センチ数ミリ単位で微調整…を繰り返し検討しました。

私自身、片付けが苦手だし誰にも負けないくらい面倒くさがりなのですが、収納する場所や量を決め設計したので片付けが億劫でなくなりました。
それに片付いていると掃除も楽なんです!寝る前ササッと掃除で写真の状態を維持できています!!

コストを抑えるため家具工事ではなく、大工さんの技術で作業出来る範囲での大工工事として施工。材料はパイン、自然塗料オスモカラー(ホワイト)をセルフ塗装しています。

パントリーの造作家具は、更にコストを抑えるため構造用合板を使用しました。家電の種類など将来的に変化がある可能性があるので、一部可動棚にしています。

造作家具は市販の家具を購入し、そのサイズに合わせて収納するのではなく、自分の持っているものの量やサイズ、生活の仕方や目的に合わせてオリジナルで制作するので、効率がよくストレスが軽減しますよ!
また造作家具に限らず、毎日何回も利用するところは、使いやすさや掃除のしやすさ等しっかり計画することを、設計時にお伝えしています。


あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です