夕焼け

「なぜわざわざ、こんな山奥の不便な所に暮らすのか?」
私達の事務所兼自宅である「HOME BASE」設計中から課題でもあり、その答えを見つけ出すことがここで暮らす目的になっています。

山や畑から山菜や野菜を採り(畑仕事のメインはおばあさん、未だ食べる専門だけど)、生活水は山の湧水を利用、山の木々を薪にして暖をとるなど身近な資源を活用して暮らすことが当たり前。
窓から見える山々の変化に季節の移ろいを感じ、朝の風景で天気が何となく予想出来たり。
奉仕作業や伝統行事など、集落の人と助け合いながら暮らしていることなど…ここに暮らさなければ得ることが出来ない豊かさを一つ一つ探しています。

見学に来て下さる人達や遊びに来てくれる友人に、そんな暮らし方がきちんと伝えられているのか?敷居が高く思われがちな建築設計の仕事を、もっと身近に感じてもらえないか?
私達の生活を通して量産される建築では得ることのできない豊かさや楽しさを伝えていくことも、ここで暮らす答えの一つかな、と夕焼けを眺めながら考えるこの頃。

すっかり田舎生活も板についてきた証拠なのかもしれません。


あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です